カーディナルスのデプスチャートとポジションニーズ(ディフェンス)

カーディナルスのデプスチャートとポジションニーズ(ディフェンス)

ドラフトがもうすぐなので、アリゾナ・カーディナルスのデプスチャートとポジションのニーズの確認についての記事になります。

今回は、ディフェンスについてのみです。
オフェンスについてはこちらをご覧ください。

ディフェンス

ディフェンスのデプスチャートは下のようになっています。主要選手のみ載せています。

各選手を今年2017年度のPFFの評価により色分けしています。水色がElite濃い緑色がHigh Quality薄い緑色がAbove Average黄色がAverageオレンジ色がBelow Average赤色がPoorとなっています。色がついていない選手は出場数が少なく評価できていない選手です。
また、ポジションの色分けは、チームのニーズを表しています。赤色はニーズ大オレンジ色はニーズ中となっています。下線が引かれている選手はFAで獲得した選手です。

それでは、ポジションごとに見ていきます。

DT

今のところの先発DTはピーターズとピエールになっています。今年2017年DTの中で最もスナップ数が多かったラッカーは現在FAでまだどのチームとも契約はしていません。

数はいますがやや物足りないので、ドラフトで指名したいです。

 

DE

先発の2人は問題ないでしょう。問題は控えの層が薄いことですかね。

ドラフト下位で指名したいところですが…。

LB

来年2018年から4-3に変更とあるので、このポジションについてはどうなるかまだ分かりません。ダンズビーと再契約はしていないので代わりにバインズが務めると思います。

ただ、ここも層が薄いのでドラフトで指名したいです。

 

CB

T ウィリアムスが古巣のGBと再契約したので、来年2018年もピーターソンの相方問題が残っています。また、主にNBを担当していたマシューがHOUに移籍したので、そのポジションも空いています

ドラフトでは、先発レベルの選手を獲る必要があります。

 

S

このポジションは今年2017年と同じ先発メンバーで臨むと思われます。

 

ディフェンスまとめ

ドラフトでは、最大のニーズはCBその次のニーズはDTとLBとなっています。

オフェンスもディフェンスも数多くの穴を抱えており、今年は難しいドラフトになりそうです。

カーディナルスカテゴリの最新記事