2017年カーディナルスのまとめ(CB、S編)

2017年カーディナルスのまとめ(CB、S編)

2017年今シーズンのアリゾナ・カーディナルスのCBとSについてのまとめの記事になります。

シーズンが終わったので、選手ごとに成績、コメント、来季の契約などについてまとめて、ポジションごとに来季の展望を話していきたいと思います。

 

QB、RBについてはこちら

WR、TE、OLについてはこちら

DL、LBについてはこちら

 

CB

パトリック・ピーターソン 27歳


16G 34Tkl 0Sck 8PD 1INT 0FF

今シーズン2017年も非常に安定した働きでした。相手No. 1 WRを追い続け、許したYds/gはリーグ最小とシャットダウンぶりを発揮しました。INTが少ないのは全く問題ないです。ただ、4TDも許したのが評価を大きく下げました。これさえなければ、All-Proに選ばれる活躍だったのに…。

来季:2020年までの契約あり

来季も問題ないでしょう。彼がNo. 1 WRにつくので2番手CBはかなり楽だと思います。

トラモン・ウィリアムズ 34歳

13G 41Tkl 0Sck 12PD 2INT 0FF

期待以上の大活躍でした。シーズン途中から先発CBに入り、ARIの課題だったパトピーの反対側のCB問題を解決しました。34歳でこの動きはさすがです。そして読みは相変わらず素晴らしいです。

来季:UFA

能力的には再契約してほしいですが、この年齢を考えると来季同じような活躍は期待できないので再契約しないという判断でも納得です。

ジャスティン・べセル 27歳

16G 41Tkl 0Sck 4PD 1INT 0FF

トラモン・ウィリアムズが先発になるまで先発CBを務めていましたが、期待に応えることはできませんでした。それ以降は、3rd downのパスシチュエーションで6人目のDBとして出場していました。STでは毎年のように活躍しています。

来季:UFA

元々かなり期待されている選手でチャンスはあったのですが、応えることはできなかったので再契約はなしかと思われます。STではいい選手だけに残留させたいですが、キャップに余裕がありますかね。

ブランドン・ウィリアムス 25歳

16G 2Tkl 0Sck 0PD 0INT 0FF

ディフェンスでの出場は1スナップのみでしたが、プレシーズンで多く出場したりとべセルと同じようにチャンスはあったのですが、応えることはできませんでした。3巡だったのですが…。

来季:2019年までの契約あり

来シーズンもう一度チャンスはあるかなと思います。

CBの来シーズンの展望

パトリック・ピーターソンの相方が空きです。

オフの補強の必要性:大(大、中、小の3段階で)

2番手CBがいないので、補強する必要があります。

 

S

タイラン・マシュー 25歳

Photo by: AP Photo/Rick Scuteri

16G 78Tkl 1.0Sck 7PD 2INT 1FF

2S時はFS、3S時はスロットCBとしてプレーしました。シーズン序盤は動きが悪いこともありましたが、徐々にケガ前の動きを取り戻していたと思います。大事な場面でビッグプレーを決められる貴重な選手です。

来季:2021年までの契約あり

来シーズンも今シーズンと同じような役割になると思われます。難しいですが、FSをやっているときにもう少しプレーに絡みたいです。

ブッダ・ベイカー 22歳

Photo by: AP Photo/Rick Scuteri

16G 74Tkl 1.0Sck 7PD 0INT 2FF

シーズン途中から先発SSに入り大活躍しました。マシューに例えられる前評判通り素晴らしいランサポートでした。シーズン途中から先発になりこのタックル数はなかなかのものです。パスカバーはマシューと比べると少し落ちるなという印象でした。また、STでもAll-Proに選ばれる大活躍でした。

来季:2020年までの契約あり

来シーズンはSTではなくSSに専念という形になるかと思われます。

アントニア・ベセア 33歳

Photo by: Getty Images

15G 57Tkl 1.0Sck 9PD 5INT 1FF

3S時のFSを務め、スナップ数はそこまで多くないにも関わらずチームトップのINT数を記録しました。INTはシングルハイの時がほとんどでベテランらしい素晴らしい読みでした。

来季:2019年までの契約あり

来シーズンも今シーズンと同じような動きをこなしてくれることを期待しています。ARIはベセアのような広いゾーンをカバーできる選手がいないので貴重な存在で、彼がいるからマシュー、ベイカーらが自由に動き回れます。

タイボン・ブランチ 31歳

9G 69Tkl 0Sck 6PD 0INT 1FF

シーズン途中にケガでシーズンエンドとなりました。しかし、それまでは大活躍でした。特にランディフェンスが非常に良かったです。

来季:UFA

ベイカーが活躍し現在ARIには3人の良いSがいるので、頭数は十分足りています。そのため、再契約しないことも十分考えられます。

Sの来シーズンの展望

今シーズンと同じように、2S時はFS:マシュー、SS:ベイカーで、3S時はスロットCB:マシュー、SS:ベイカー、FS:ベセアになると思います。控えもミラー、フォードと揃っています。

オフの補強の必要性:小(大、中、小の3段階で)

先発も控えもそろっているので、ブランチの再契約はなしかなと思います。また、補強の必要もありません。

カーディナルスカテゴリの最新記事