コーナーバックCB ランキング 2016
私個人が思うポジションごとのベストプレーヤー5を紹介していきます。

注意として、2016シーズンのみのベストプレーヤーではなく、2017シーズン活躍するであろうベスト5です。そのため、2016シーズン単体で活躍した選手はランキングは低いですし、2016シーズンが悪くてもそれまでのシーズンが良ければランキングが高いということもあります。

まずは、私が好きなCBから!

CB以外のポジションはこちらに↓

QB RB WR TE DL Edge LB S

CBといってもマンとゾーンそれぞれ得意なCBがいて単純に比べることができないので、CBの中でマンゾーンで得意と思われる方に分けてその中で選びました。

マンCB

No. 1 アキーブ・タリブ Aqib Talib (DEN)

Photo by: Joe Amon, The Denver Post

All Pro/PFF’s All Pro (2016シーズンにAll-Proに選ばれているかを表しています)

昨シーズンはどちらのAll Proにも選ばれており文句なしですね。QBRは49.5許したTDは0。ゾーンカバーで狙ってINTからのPick6も得意です。文句なしのシャットダウンコーナーですね。身体能力よりは読みを生かしたカバーが得意な選手です。31歳という年齢による衰えがいつ来るかという心配もあります。

No. 2 パトリック・ピーターソン Patrick Peterson (ARI)

None/None

昨シーズンは少し成績を落としたためAll Proには選ばれていません。しかし2015シーズンはシャットダウンコーナーとして素晴らしい活躍をしました。リービスが衰えた今、Next Revisが誰になるのか話題になっていますが私はピーターソンを推します!また、今シーズンNo.1 WRにマッチアップした回数はリーグ1だそうです。Jamが上手いです。

Photo by: Pro Football Focus

ちなみに最も避けられたCBでもあるそうです。No. 1 WRにマッチアップする回数と避けられる回数が多いことを示すこの2つのスタッツは、価値があると思います。

No. 3 マーカス・ピーターズ Marcus Peters (KC)

Photo by: JAMIE SQUIRE VIA GETTY IMAGES

All Pro/None

昨シーズンが2年目で素晴らしい活躍をしました。1年目からINTが多く活躍していましたが、私はスタッツだけがいいハイライトCBだと思っていました(私命名のハイライトCBとは、パスキャッチされたりINTしたり投げられやすくハイライトに移る回数が多いCBのことです笑)。私はハイライトに移らないCBがベストだと思っています。しかし、昨シーズンはいい意味で期待を裏切ってくれ、パスを許す回数が大幅に減りました。さらにINTの数も多い(2シーズンで14)という理想的なCBです。タリブに似て読みが素晴らしい選手です。

No. 4 クリス・ハリス Chris Harris Jr. (DEN)

Photo by: http://www.bsndenver.com/chris-harris-jr-plays-through-injury-again-im-still-not-myself-its-very-hard/

All Pro/PFF’s All Pro

5’10″という身長からスロットにつくことが多いCBです。INTがそれほど多くないのであまり目立ちはしませんが、ほとんどキャッチを許しません。さらにここ数年安定して非常に高いパフォーマンスを見せており、私がHCをするなら必ず欲しい選手です。DENはV・ミラーにこのCBの2人と恐ろしいD#ですね。

No. 5 マルコム・バトラー Malcolm Butler (NE)

Photo by: Winslow Townson/AP Images for Panini

All Pro 2nd/PFF’s All Pro

一発屋だと思っていました、すみません(笑) 好きな選手の一人です。キャッチされてもそのボールを叩きにいくといったプレーの最後まであきらめない姿勢が好きです。また、ねちっこいマンカバーをする選手です。

 

ゾーンCB

No. 1 リチャード・シャーマン Richard Sherman (SEA)

Photo by: Pro Football Focus

None/None

ゾーンで守ることが多い、後ろにトーマスがいる恩恵を受けているからベストCBではないといった批判をされることが多いですが、間違いなくトップCBです。マンカバーも十分できます。NFL通算6年間で30INT、92PDは異常でしょう。こんなCBが他にいるのですかね。ただし、他のチームでここまでの活躍ができるのか気になるところではあります。ただし、ゾーンが多いと言いましたが、SEAが主に用いているCover 3はほぼCover 1ともいえるので、なかなか判断が難しいところです。

No. 2 ジョシュ・ノーマン Josh Norman (WAS)

Photo by: http://ftw.usatoday.com/2016/09/josh-norman-odell-beckham-jr-recap-analysis-giants-redskins

None/None

まさかの大型移籍もありましたが、ゾーンCBに高すぎるという批判を打ち消す十分な活躍をしましたね。ちなみにシャーマンとノーマンは過去3年間のQBRベスト1、2でもあります。

 

No. 3 と思ったのですが、上の2人がすごくて3位以下が見つかりませんでした。すみません、知識不足で…。

 

 

ちなみに今回のランキングに惜しくも入らなかったプレーヤーです。

ケイシー・ヘイワード Casey Hayward (LAC)、ジェンキンス Janoris Jenkins (NYG)、ジャレン・ラムジー Jalen Ramsey (JAX)、ローズ Xavier Rhodes (MIN)、ベレット Jason Verrett (LAC)、デズモンド・トゥルーファント Desmond Trufant (ATL)

この選手はもっと上位だろ、いやいやこの選手過大評価すぎとかあれば、コメント下さい!

ポジション別ランキングカテゴリの最新記事